便秘を解消して毎日をスッキリさせよう

食物繊維が豊富な野菜やヨーグルト、オリゴ糖などの便秘解消に役立ちそうなものを取っているのに、なかなかスッキリできない、と便秘に悩む女性は多いようです。宿便とサヨナラして毎日を健康的にすごすため、まずは便秘の仕組みから理解していきましょう。

男性より女性のほうが便秘になりやすい理由

phbp1

ひとつには、筋力の差が上げられます。腹筋が弱いと、便を押し出す力を生み出しにくいので、便秘がちになってしまいます。また、筋力が少ないと疲れやすくなるので、運動を敬遠しがちです。その結果、運動不足から便秘になってしまうこともあり得ます。

さらには、女性ホルモンの影響が上げられます。月経前は便秘になりやすいと感じている方もいるかもしれませんが、その通りで、排卵後から月経前まではホルモンの影響で腸の動きが弱くなってしまいます。身体がむくみやすくなる時期でもあるので、水分をひかえることも原因につながっているのかもしれません。

便秘の時、体の中はどうなっているのか

お腹が張って苦しいのは、便が長い間腸にとどまってしまうことで、ガスが発生するからだと言われています。肌トラブルの原因としては、便秘によって体内に有害物質がたまってしまうからだという説があります。そのために、デトックスの必要性が説かれているようです。

医学的にははっきりしていませんが、便秘に伴って頭痛や腰痛が起きたり、普段よりイライラしたりするのは、自律神経の乱れが原因ということもあるようです。とはいえ、お腹が張って苦しければ、普段と違う姿勢で立ったり座ったりすることもありますから、そういった無意識の行動も理由のひとつかもしれません。

便秘解消に役立つ食品や習慣など

phbp2

代表的なところでは、サツマイモやゴボウなどの食物繊維の多い野菜、プルーン、ヨーグルト、オリーブオイル、ビフィズス菌、オリゴ糖などでしょう。こういった食品をすすんで食べるという食習慣に加え、適度な運動も必須です。

特に座り仕事の方は、積極的に立って歩くようにしましょう。身体をほぐしてリラックスすることや、お腹をマッサージして腸を刺激することもオススメです。また、便意を感じたら我慢しないでトイレに行く習慣をつけましょう。

朝起きたときに冷たい水を飲むことは、便を出やすくする効果があります。水を飲んだり、朝食を食べたりすることで、刺激を与えられた腸は目覚めて活動を始めるからです。朝食後には、ゆっくりトイレに入る時間を確保しておきましょう。

便秘解消に効果的な食品や習慣は、探せば他にもたくさんあります。サプリメントや健康食品も、豊富な種類が出回っています。ぜひ、自分に合った方法や食品を探してみてください。

ダイエットでよく活用されているオリゴ糖

砂糖と同じ類ではありますが

オリゴ糖は、様々な糖質が合わさったものであり、いわゆる砂糖と同じ類ではあります。
ただ、砂糖は一般的に二糖と呼ばれていますが、オリゴ糖は小糖類と呼ばれています。
厳密に言えば、砂糖もオリゴ糖も同じ仲間ではあるのですが、基本的には分けて考えられるのが一般的なのです。

甘さはもちろんありますが

もちろん、砂糖と同じ糖類ですから、甘味はもちろんあるわけでえす。
ただ、全てのオリゴ糖が、砂糖と同じぐらいの甘味があるかと言うと、決してそうではありません。
むしろ、ほとんどのオリゴ糖は、砂糖よりも甘味は控えめになっているのです。
ということは、当然ですがカロリーに関しても、砂糖よりも低めになっているわけです。
だからこそ、ダイエットとして活用することができるわけです。

天然もあれば人工のオリゴ糖もある

オリゴ糖にも、天然の食材に含まれているものもあれば、人工的に作られたものあります。
もちろん、理想を言えば天然の食材から摂取したいところですが、オリゴ糖によってはほとんど天然の食材からは採れないものも存在するのです。
したがって、天然と人工のオリゴ糖を、上手く使い分けながら活用していき、効率的に摂取していくのがいいかと思われます。

オリゴ糖と一括りに言っても違いがある

phbp3

「オリゴ糖にはどんな効果がありますか?」と言われることも多いですが、そもそもオリゴ糖にもいろんな種類があるわけです。
したがって、種類によって特徴や効果が違うのは当たり前ですから、まずはそれぞれのオリゴ糖について知ることが重要になってきます。

甘味の違い

オリゴ糖は、砂糖より甘さが控えめだと言われています。
ただ、その中でも砂糖に近い甘さを持つオリゴ糖もあれば、ほとんど甘味を感じないオリゴ糖もあるのです。
大豆オリゴ糖や乳菓オリゴ糖はかなり甘い部類になりますが、ガラクトオリゴ糖やフラクトオリゴ糖は、そこまで甘味は感じない特徴を持っています。

カロリーの違い

基本的に、甘いオリゴ糖ほどカロリーは高めになっています。
ただ、最も甘いオリゴ糖であっても、砂糖よりはカロリーは低めになっています。
オリゴ糖によっては、砂糖の3分の1以下のカロリーしかない物もあります。

効果の違い

基本的にオリゴ糖は、腸内に対して活性化を働きかける効果を持っています。
ただ、それもオリゴ糖によって効果は違ってきます。
かなりの活性化に期待できるオリゴ糖もあれば、そこまで大きな効果がないオリゴ糖もあります。

作られた方の違い

もちろん、オリゴ糖の種類が違うなら、作られ方も違うわけです。
発酵して作る物もあれば、分解して作る物もあります。
また、簡単に人工製造できるオリゴ糖もあれば、作るのに時間のかかるオリゴ糖もあります。

どのオリゴ糖が自分に合っているか

効果も特徴も違うからには、どのオリゴ糖が自分に合っているかも違ってくるわけです。
フラクトオリゴ糖が最も適している人もいれば、キトサンオリゴ糖がぴったりの人だっているわけです。
ただ、どのオリゴ糖が合っているかも、その特徴と効果をしっかりと把握しなければ分からないわけです。